ページの先頭です

本文のはじまりです

「ビタミンC誘導体」とは

「ビタミンC誘導体」とは、不安定なビタミンCの活性部位に、リン酸や糖などを結合させて安定化させたもの。分かりやすく言えば、元気に走り回るビタミンCの足に、おもりを付けて、動きを鈍らせるのと同時に、肌の奥まで浸透しやすくしてあげたものです。このおもりの部分は、人間の肌に存在する酵素によって切り離されていき、肌の奥に届く頃に元気なビタミンCに戻って効果を発揮してくれます。
吸収されにくい「ビタミンC」とは違い、「ビタミンC誘導体」はグングンお肌に浸透していき、その過程でおもりをはずしていくことによって「ビタミンC」へと姿を変えていきます。その結果、効果を出したいところに、直接「ビタミンC」のパワーを届けてくれるのです。

おもりの部分に結合させる成分の種類によって「ビタミンC誘導体」の種類は異なりますが、当社のものは浸透スピードが速く、しっかり奥まで浸透させることができ、最も効果がすばやく実感できるとされる「リン酸型」を採用しています。実際に、ニキビに対する効果が高いと言われているのも、この「リン酸型」です。

アスコルビン酸→アスコルビン酸リン酸エステル  図説

本文のおわりです


  • 1/3