ページの先頭です

本文のはじまりです

さまざまな効果を発揮するための「ビタミンC誘導体」の配合

一般的に化粧品(医薬部外品)に配合される「ビタミンC誘導体」の量は3%ですが、これでは、美白にはある程度の効果が見られても、美肌に必要な量は充分ではありません。例えばシミの原因は、表皮の奥(基底層)にあるメラノサイトの活性化によるメラニン産生の亢進、シワ・タルミの原因は、真皮層でのコラーゲンの合成能力の低下にあります。どちらも肌の奥深くですが、ここに充分な量を届けてあげて、直接「ビタミンC誘導体」が効果を発揮させることで、ようやく肌トラブルを元から改善することに繋がるのです。そこで、肌全体で効果をすばやく実感できる高濃度の「ビタミンC誘導体」が必要になるわけです。

イメージ画像


本文のおわりです


  • BACK
  • 2/3