ページの先頭です

本文のはじまりです

「ビタミンC誘導体」を安全にお届けするために

ビタミンC誘導体はビタミンCに比べて安定ですが、それでも商品化するには多くの安定化剤を必要とします。安定化剤は、お肌にとっては必ずしも必要なものではありません。多くの安定化剤を使用してしまうと、刺激を感じる原因になる場合もあります。お肌の弱い方はもちろんですが、とくにそうでない方でも、肌に必要のない安定化剤を多く含んだ化粧品を使うことは肌に負担をかけてしまうのです。多くの安定化剤を使わずに、なるべく肌に優しく、安全なものにしようと開発されたのが「C-シャワー」です。

エメラルドグリーンの色の秘密は葉緑素「銅クロロフィリンナトリウム」。これはキレイな色を演出するだけでなく、ビタミンC誘導体の安定性を高める効果もあります。さらに「ビタミンC誘導体*」を不安定にさせる要因原因である酸素と水分をシャットアウトする方法として、ガラス瓶に溶液を入れてから、ガラス瓶ごと凍結乾燥させるFFD製法が用いられています。凍結乾燥を利用した製品は、これまで他社でもありましたが、非常に困難であった高濃度の「ビタミンC誘導体」を凍結乾燥によって安定化させる技術や処方設計は、クロロフイル独自の研究成果です。スポンジ状に凍結乾燥させた「ビタミンC誘導体*」を、窒素ガスで封入することによって新鮮な状態のものをお届けすることが可能になりました。使用する直前に溶解液に混ぜて使用する形にしたため、安定剤を最小限にとどめることに成功しています。四角いガラス瓶についても、マイナス30℃以下での凍結乾燥に耐えられるように開発されたものです。
このように、ガラスに映える美しい緑色は、「肌にやさしくて、効果の実感できるもの」にこだわった結果なのです。

* 製品の抗酸化剤

C-シャワー 画像


本文のおわりです


  • BACK
  • 3/3