ページの先頭です

本文のはじまりです

テカるのにカサつく…トラブル肌の原因とは

大人になってからのニキビは、なかなか治りにくいもの。10代のニキビと違って、過剰な皮脂の分泌をコントロールをしただけでは根本的な解決にはなりません。これは、大人のニキビの原因が、皮脂の過剰分泌だけではないということ。大人のニキビに悩む方の多くが部分的なベタつきを抱えており、なるべくさっぱりした化粧品を選びがちですが、実はそういう方の多くは、非常に肌が乾燥しているのです。

ベタつきを気にしてサッパリした化粧品を使うことでますますかさついたり、それを解決しようと次は保湿にこだわるあまりテカリやベタつきを抱えてしまったり。根本からバランスの良い肌環境を作ってあげないかぎり、このような悪循環を繰り返してしまいます。出来てしまったニキビや、これから出来るかもしれない大人のニキビ、さまざまな肌トラブルをケアするには、油分と水分のバランスが整った肌環境を作ってあげることが最も大切。バランスの整った肌状態を保つことが出来れば、テカリやカサつきなどのトラブルも軽減され、同時にこれから出来るニキビを予防する力も生まれるのです。

イメージ画像


そのためには、皮脂を抑えることだけにウェイトを置いた化粧品を使っても、肌状態の根本的な解決にはなりません。ニキビを含め、大人の女性の肌トラブルを改善させるには、皮脂コントロールと保湿の両面から働きかけ、お肌本来がもっている機能を正常に保つ必要があります。皮脂コントロールすることは、ベタつきやテカリを抑えたさらっとした質感に繋がります。さらに同時に炎症や荒れたお肌の状態を改善し、そこに充分な保湿を与えてあげて初めてプルンとハリのある状態を保つことが出来るのです。


本文のおわりです


  • 1/3