ページの先頭です

本文のはじまりです

開発当初から、リンクルケア製品の現実を知り・・・

開発という仕事柄、私達は上市されている競合品を頻繁にチェックします。今、どんな商品が消費者の心を掴んでいるのか、これから期待される商品とはどのようなものか…その調査の中で「市場のリンクルケア商品は、保湿メインのアイテムが多い」ということがわかりました。確かに乾燥を防げば、ある程度のハリは保てます。しかし、クロロフイルらしい違う切り口で商品開発を行えば、弾むようなハリと潤いを持ち、より滑らかでキメの整った肌を実感できるのではないか、と思い立ったのが、リンクルエッセンス開発のはじまりでした。

お肌のハリや滑らかさを保つには、角層の奥深くまで成分を浸透させることが必要です。そのために配合成分の選択でこだわったことは、「肌の奥深くまで到達するもの」。化粧品原料の中で、角質層の奥深くまで浸透するデータが存在するものを選んで配合することにより、クロロフイル独自の設計でお客様に喜んでもらえる商品を創ることができるのでは、と期待に胸を膨らませました。

リンクルエッセンス画像




クロロフィルというブランドを背負い、ハリのある弾むような肌を目指して日々奮闘

イメージ画像

そう期待したものの、試作を何度も繰り返しても、なかなか良い結果が出ない現実に直面し、お客様を裏切らない商品が本当にできるのだろうか…という不安に襲われました。どうしたら良い結果が出るのか、それを実証するにはどうしたらいいのか…そう悩んでふと見つめた自分の手の甲は、ハリがなく、滑らかさもない、まさに実験台には「うってつけ」の場所でした。この部分のハリを取り戻せるものができたら、自信を持ってお勧めできる!そう確信し、開発を急ピッチで進めました。そしてある処方に行き着いた時、ついに塗布20日目、手の甲にハリと潤いが!クロロフイル リンクルエッセンス完成の瞬間でした。さらに、そのハリや潤いの効果を確かめるために実施したモニター評価で、「目元のハリが違う」「肌が柔らかくなった気がする」「塗布すると滑らかになる」などうれしい声が続々と届き、本当に自信を持ってお勧めできる商品が出来たんだ、という実感でいっぱいでした。


本文のおわりです


  • BACK
  • 2/3