無料カウンセリングはこちら

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

img02 img03 img04
img02 img03 img04

肌トラブルで悩んでいる方へ

間違ったスキンケアをしていませんか?
正しい化粧方法を身につけて美肌になりましょう。

arrow
肌トラブルは間違ったお手入れ方法が原因

お肌にトラブルがある方は、いつものスキンケアに良かれと思って行っているマッサージやパックなどのお手入れを、プラスして行っている方が多いのではないでしょうか。間違ったお手入れ方法で肌に負担をかけることでニキや乾燥、シミ、シワなどの肌トラブルを招いてしまうことがあります。まずは間違ったお手入れの方法をしていないか見直してみましょう。

case1

石鹸で頻繁に顔を洗っていませんか?

img09

必要以上の石鹸洗顔はお肌を保護するために必要な皮脂までとってしまうので、ヒフ面の細菌抵抗力を弱めニキビの化膿を促進してしまいます。また、脂性肌の人が皮脂をおさえられると思って使っている石鹸や洗顔クリームは、より多くの皮脂の排出を促すことで、かえってニキビができやすくなったり、毛孔を大きくひろげ夏ミカンの肌のように見苦しくさせてしまうことがあります。

img09

クロロフイル美顔教室では

ヒフの生理学に合わせて『乳液洗顔』を行っています。

刺激の少ない乳液でヒフの汚れを落とし、ヒフを保護するのに必要な皮脂は残して、美顔的に皮脂の排出のしくみを調節する方法です。『乳液洗顔』は脂性肌を正常に戻し、色白のきめの細かい美しい肌をつくるためのポイントになります。

case2

クリームや乳液を直接肌にすり込んでいませんか?

img09

肌を守るためと考えてクリームや乳液をすり込み、反対に肌アレやカブレを起こしたりしてはいないでしょうか。これはクリームや乳液をすり込むことで皮表に膜をつくり、ヒフ呼吸を抑制することが主な原因と考えられます。化粧品でトラブル(つっぱり感、小ジワ、ニキビの悪化、シミ、カブレなど)を起こすのは、クリーム類や乳液を直接すり込むという黄色人種(日本人)のヒフの生理、条件に合わない使い方にも問題があるのです。

img09

クロロフイル美顔教室では

『ヒフを保護する化粧方法』を指導しています。

クリームや乳液を使う前にパスター類をパッティングし、不ケン化物を直接ヒフに接触させないように、また、有害光線を散乱するように化粧をします。化粧を仕上げた後4~5秒して『気持ちがいい』という感覚が得られる上手な使い方ができていれば、仮に一晩化粧を落とさなくても肌アレを起こすことはありません。


case3

マッサージを繰り返していませんか?

img09

マッサージをすることで『シワをのばす』という考え方がありますが、それは『シワをつくる』の間違いです。頻繁にペンを使うと『ペンだこ』ができるように、シワも日常生活の刺激に対するヒフの働きからおこります。マッサージは老化する真皮にシワの促進剤として作用し、継続した刺激の繰り返しがシワをより深める原因となります。したがって、ヒフは必要以上に押さえたり、こすったりしない上手な使い方が大切になります。

img09

クロロフイル美顔教室では

『パスターパック』をおすすめしています。

パスターパックは美顔にあった、適切なお手入れ法です。ご家庭でできるだけ時間をかけて実行してください。パスターパックはヒフに対して保湿・血行促進・清浄といったすぐれた作用を示します。


case4

肌に余分な刺激を与えていませんか?

img09

角層は死滅乾燥した細胞でアカになって落ちる不要なものと考えられ、これをこすり落としたりすることが流行して肌アレをつくってきました。メラニンの少ない白人にはさしつかえないのですが、黄色人のヒフはこすり取られた角層を修復するために起こる激しい細胞分裂によって、基底細胞間に挟みこまれているメラノサイトが大きな刺激を受け、ヒフの色素(メラニン)をつくり出します。このことが、美顔の大敵である肌アレを伴う色素沈着(シミ)やソバカスの主な原因になるのです。

img09

クロロフイル美顔教室では

『パッティング』のコツを大切にしています。

美しい肌を取り戻すには、コツともいうべき大切なきまりがあります。
1) ヒフの細胞呼吸を妨げないようにすること
2) ヒフの再生力を補うようなパッティングをすること
美顔教室では、パッティングとガーゼの使い方を特に重要項目としてご指導しています。


肌トラブルを抱えていた
クロロフイルユーザーの声をご紹介します。
img13
皮膚科や化粧品を変え、
色々な飲み薬や塗り薬も試しましたが、ニキビは一向に治まらず再発してばかり
インタビューはこちら >
クロロフイル美顔教室では、
ヒフの仕組みから学んでいただきます。
img01

クロロフイル美顔教室では、正しいヒフの知識のもとに、お客様ご自身で行える肌の「お手入れ」の仕方を学んでいただきます。それは、できる限りヒフに刺激をあたえない正しい手の使い方を習得していただくための近道でもあります。正しい肌のお手入れ法をマスターするために、正確なヒフの知識をもつことが大切です。資格を持った「美顔教室」専任の美顔師が、丁寧に技術面の指導をさせていただきます。

お手入れのポイントはヒフを押さえたりこすらない、肌に刺激を与えない上手な化粧料の使い方が大切です。化粧品などを使った後に悪化したり発生する顔のニキビ・シミ・肌アレ・かぶれ・シワなどの顔の皮膚トラブルは、美顔師の正しい指導によってヒフの再生力を補いヒフ自らなおるもの、またお客様ご自身でお手入れできるものです。


美顔教室のシステムについて