sc_title

sc_title

肌診断は全部で5問です。正確にお答えください。

年代を選択してください。

年代を選択してください。

10代
20代
30代
40代以上
q1
  • A ほとんど気にならない。

  • B 部分的にかさついている、又は、たまにかさつく。

  • C 全体的にかさついている。

q1
  • A べたついている

  • B 部分的べたつきがあり、かさつきもある。

  • C べたつきがなく、かさついている。

  • D べたつきがなく、かさつきもない。

q1
  • A 適度に潤いがあり、化粧のりがよい。

  • B 全体的にかさついている

  • C 全体的に脂っぽくテカっている

  • D 部分的に脂っぽいところと、かさつくところがある。

q1
  • A 特に刺激を感じたことがない。

  • B スポーツの後などに、体調や環境(季節)によって、たまに痒くなったり、ピリピリと刺激を感じることがある。

  • C 体調や環境(季節)によって、たまに痒くなったり、ピリピリと刺激を感じることがある。

  • D 化粧品などで、時々赤くなったり、腫れたりすることがある。

q1
  • A 特に悩みはない

  • B ニキビ跡が気になる

  • C ニキビが繰り返しできる

  • D シワが気になる

  • E シミが気になる

  • F 乾燥が気になる

  • G 毛穴が気になる

q1
  • A 女性の方 一度も通ったことがない

  • B 女性の方 過去に通っていた

  • C 女性の方 通っている

  • D 男性の方 一度も通ったことがない

  • E 男性の方 過去に通っていた

  • F 男性の方 通っている

もっと詳しい肌状態、正しいスキンケア方法を知りたい!

camp_pc camp_sp

※ キャンペーン参加店舗に限ります。参加店は こちら よりご確認ください

※ キャンペーン詳細に関しては、 こちら または店舗にてご確認ください

▶︎ 来店予約フォームに進む

▶︎ 問い合わせフォームへ


sk_f2
sk_f2
名前Your Name
メールアドレスMail Address
お問い合わせの内容Mail Contents
【個人情報の保護について】
こちらの個人情報保護方針をご確認ください。
日興製薬株式会社 プライバシーポリシー

日興製薬株式会社では、サービス向上のためにお客様の情報を活用しています。
この情報を利用して有益な情報を提供することができます。
お客様にご提供いただいた個人情報を指定された以外の目的で使用することは一切ありません。
ご同意いただければ、下の「プライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れてください。

弊社からの回答は、お時間がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。
弊社からの回答(Eメール・電話・FAX・手紙を含む)はお問い合わせいただいたお客様個人宛にお送りするものです。
弊社の許可なく、回答内容の一部または全体を転載・転用・二次利用したり、または当該お客様以外に開示することは固くお断りいたします。
土・日・祝日、年末年始・夏季休暇は営業時間外となりますので、回答にはお時間がかかります。予めご了承ください。

▶︎ もう一度診断する

ニキビのしくみ
クロロフイルについて

ニキビはどうしてできるの?

ニキビの多くは思春期以降に見られ、『尋常性痤瘡』じんじょうせいざそうと呼ばれます。 顔面、胸、背中などにある脂腺しせんの発達した脂腺性毛包にできます。 小さなニキビを面皰めんぽう(コメド)といいます。

  • mecha_01

    図ので示した毛漏斗もうろと部位は特にデリケートです。脂腺性毛包の毛漏斗部位は他の毛包よりも太く、深くなっているため、皮脂がたまりやすくなっています。

  • mecha_01

    何らかの刺激により角化が進行すると角質が厚くなり、皮脂の通り道をふさいでしまうため、皮脂が毛漏斗内にたまっていきます。

  • mecha_01

    さらに、毛包内に皮脂・角質・毛が混ざったものがたまっていくと、白ニキビと呼ばれている黄白色の閉鎖面皰になります。

  • mecha_01

    さらに、内容物がヒフ表面に出てきて毛孔(毛穴)が開き、頂点がメラニン色素によって黒く見える開放面皰(黒ニキビ)になります。

  • mecha_01

    閉鎖面皰か開放面皰が悪化して炎症を起こすと、赤い丘疹や膿泡に変化していきます。炎症により毛包の壁が壊されると赤色丘疹になりさらに膿んで膿泡になります。

  • mecha_01

    悪化したニキビでは、治ったあともニキビ痕や色素沈着が残ることがあります。

ニキビの原因はひとつじゃない。

ニキビができるのには、いくつかの要因が互いに関わりあっています。
内分泌因子による皮脂の排出が増えること、ヒフの中で最もデリケートな部位である毛漏斗の角化が盛んになって毛穴の通り道が塞がれること、 この他に遺伝、食事、紫外線、精神的ストレスによる自立神経の乱れや毛漏斗の常在菌など、色々な要素が複雑に絡み合っています。

img02

脂腺性毛包には複数の脂腺があり、その毛包壁は薄く、毛漏斗は太く深い管になって皮脂が貯留しやすい構造をしています。 その中にうぶ毛様の未発達な毛が皮表へわずかに突き出ています。
この毛包壁の過角化がニキビ発生に深く関わっています。種々の化学的・物理的(機械的)刺激により毛漏斗部が過角化を起こし、 角質で毛孔(毛穴)がふさがれると皮脂は皮表へ出られなくなります。(図1)皮脂と角質、毛が毛包内にたまり面皰がつくられます。

img03

img02

脂腺の働きに影響を及ぼす性ホルモンの分泌が盛んになる思春期頃からニキビができやすくなります。

img03

img02

現代社会では様々なストレスを受けることが多く、これがニキビを発症させたり、すでにあるニキビを悪化させたりすることがあります。 過度の緊張、疲労、不眠などによって自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。 するとホルモンのバランスも崩れ、ニキビができやすくなります。

img03

ライフスタイルを見直すことも効果的です。
生活の中に潜む原因、あなたも心当たりがあるはず。

ニキビの原因は、皮脂の排出が多すぎるだけでなく、ストレスや睡眠不足、化粧などいろいろな要因が考えられます。 このようにニキビは化粧品やその使い方で悪化したり、できたりする場合も多いです。

クロロフイル美顔教室では、
ヒフの仕組みから学んでいただきます。
img01

クロロフイル美顔教室では、正しいヒフの知識のもとに、お客様ご自身で行える肌の「お手入れ」の仕方を学んでいただきます。それは、できる限りヒフに刺激をあたえない正しい手の使い方を習得していただくための近道でもあります。正しい肌のお手入れ法をマスターするために、正確なヒフの知識をもつことが大切です。資格を持った「美顔教室」専任の美顔師が、丁寧に技術面の指導をさせていただきます。

お手入れのポイントはヒフを押さえたりこすらない、肌に刺激を与えない上手な化粧料の使い方が大切です。化粧品などを使った後に悪化したり発生する顔のニキビ・シミ・肌アレ・かぶれ・シワなどの顔の皮膚トラブルは、美顔師の正しい指導によってヒフの再生力を補いヒフ自らなおるもの、またお客様ご自身でお手入れできるものです。


美顔教室のシステムについて

きれいにするためのニキビのお手入れの基本は、
毎日の継続したお手入れと日常生活の注意を守ること。

ニキビは炎症の少ないうちにお手入れすることが大切です。
美顔教室では経験豊かな専任のスタッフがテキストを使い丁寧にご指導しています。

img08
クロロフイルはニキビケア60余年の実績。
健康的なお肌になる為にはクロロフイル美顔教室に通うことが重要です。

クロロフイル美顔教室では、クロロフイル化粧料を使って健康的なお肌を作るお手伝いをします。美顔師が肌状態をカウンセリングし、お肌の悩みに合った的確なアドバイスとお手入れ方法をテキストに沿って教えます。お手入れ方法を習得したあとはご自分のペースで通えます。
もちろんその後の相談などもお気軽にしていただけます。ご相談は無料、入会金もありません。
肌の状態をチェックしながらお悩みに的確なアドバイスをさせていただきます。

img09